ページの先頭です

  • 先輩の声

先輩の声

  • 太陽会 求人

快適に過ごせる心がけと相手への思いやりが身につく職場

太陽会 求人

川崎亜弥(かわさきあや)さん
生活支援員 しあわせの里

新卒採用で、2017年4月に入職しました。

お年寄りや小さい子と関わるのが好きで、高校の実習で雰囲気が良いと感じて志望しました。職場は明るく、ご利用者と職員で冗談が言い合え、職員の方も親身に相談に乗ってくれます。施設内が清潔で、生活環境が整えられているので、職員も居心地が良いですね。
働き始めて、いろいろな方と日々接し、相手の立場に立って考えることが多くなりました。
たとえば、オムツのあて方で丁寧なやり方や、丁寧な言葉がけの仕方、環境整備の心がけなどが、皆スムーズにできているのが素敵だな、と、思っています。相手への思いやりが日頃からあるためで、仕事以外でも大切なことが身につく職場です。

子どもが好き。働きながら資格取得にチャレンジ!

昔から子どもが好きで、保育の道へ進もうと思ってきました。認定こども園で「一時預かり」を担当し、先生方の補助をのびのびやらせてもらっています。
目標は、その日の午前のうちにその子の性格をつかんで、帰りは笑顔で帰してあげること。はじめは黙っている子も、信頼関係が築けてくると、困っていることがしぐさからわかります。早く資格を取って、先生方を楽にしてあげたいと思います。
保育士を目指すなら、現場の体験が、資格取得の勉強に活かせます。先生方も優しいですし、皆サポートしてくれるので、将来のキャリア形成に心配はありません。

太陽会 求人

菅原海斗(すがわらかいと)さん
保育教諭補助 認定こども園OURS

保育士を志望し、2017年4月、新卒で入職しました。高校時代は野球部で守備はライト。

入ってから資格取得できるので心配不要!

太陽会 求人

齋藤美波(さいとうみなみ)さん
生活支援員 しあわせの里

2015年に新卒で入職しました。

職場体験で楽しかったので、自分に合うと思い志望しました。職員もご利用者も皆仲が良く、話題が絶えない職場です。
いつも心がけていることは、『基本の生活支援』プラス『ご利用者の満足』です。その方のこだわりを記録して、覚えられるよう、日頃から意識しています。うれしかったのは、私なら安心して任せられる、といわれたこと。「ありがとう」といわれると、人のためになれてすごくうれしいです。私も「気分良くいてほしい、楽しく過ごしてほしい」と、思いながら支援をしています。
太陽会では会社の支援があり、資格が取れます。介護も実践で身につくので心配は要りません。

太陽会に再就職して感じたこと

人の役に立ちたい、と思って志望しました。太陽会に6年勤めた後、病院に9ヶ月、医師や看護師の下で作業する看護補助として勤務しました。
太陽会に再就職した理由は、自分には、目を見て、会話して、人と寄り添える仕事が向いていると思ったからです。今の職場は、明るい雰囲気。大変なことは日々ありますが、「ありがとう」といってもらえて楽しい、やりがいある仕事です。
目標は、資格を取り、スキルアップを図ることです。福祉の仕事の魅力は直接人と関われること。人のためになり、やりがいを実感できる、素晴らしい仕事です。若い人にも、介護や生活支援の魅力を知ってもらいたいと思います。

太陽会 求人

加々美政道(かがみまさみち)さん
生活支援員 しあわせの里

高校を卒業後に入職し6年働いて、亀田総合病院に転職しました。看護補助の仕事に9ヶ月携わった後、退職し、太陽会に2009年に再就職しました。

より深く知り合うのが、一番楽しいときです

太陽会 求人

尤 明威(ゆう・めいい)さん
看護師 しあわせの里

2013年に来日し、准看護師として2016年に太陽会に入職。障害者支援施設で働きながら2018年に看護師免許を取得。

子どもの頃から高齢者のお世話が好きで、日本は、高齢者の法制度が進んでいるので学びたいと思い、来日し、准看護師の資格を取って太陽会を志望しました。
病院でなく福祉施設を選んだ理由は、病院に比べて処置も多くなく、ご利用者とコミュニケーションの時間が取れるからです。ご利用者を尊重した介助を目指し、お互いにより深く知り合うのが一番楽しいときです。
施設での看護職の仕事は、医務で、薬の管理、服薬指導、ご利用者と生活支援員との連携、医師の診察、ご利用者のアドボカシーを担当します。
最初は慣れなかった仕事が少しずつできたとき、先輩がほめてくれたことは、一生心に残ると思います。
元気のない方が、自分の努力のもとでだんだん元気になる、その笑顔を見るのが達成感を感じる瞬間です。

ご利用者の人生最晩年に携わる幸せな仕事

父の勧めもあり、太陽会を志望しました。振り返ると、介護業界はニーズの多様化が進み、介護の仕事も幅が出たと感じます。職員の想像力が発揮できる職場が求められています。一般に介護職の処遇はよくない、と言われますが、太陽会ではプライベートが充実し、仕事も賃金も安定していると感じますね。
キャリアカレッジでは、介護とはどういうことか、利用者のニーズとは何かなど、本質を考える場と位置づけています。受講生のいろいろな考え方を認め合い、質の高い介護を考えます。
介護とは、人生いろいろあった中で、その方の人生の最後の時期に携わる仕事。どうやって楽しみを見つけるお手伝いができるか。仕事の楽しみは、処遇だけではありません。

太陽会 求人

鈴木邦明(すずきくにあき)さん
介護福祉士・専任教員
太陽会キャリアカレッジ

専門学校を卒業後、新卒で1999年に入職し、高齢者介護、障害者支援に関わってきました。2016年4月、太陽会キャリアカレッジが開設され、専任で教育研修を担っています。

子育てしながら仕事と両立

太陽会 求人

村山佳寿美(むらやまかすみ)さん
支援相談員 たいよう

短大新卒で1998年に入職し、介護職を経てケアマネジャーと支援相談員を経験。
3人の出産と育児をしながら、ずっと働いています。

学生時代のボランティアがきっかけで、福祉の仕事を志望しました。太陽会は勤続年数の長い方も多く、先輩後輩も仲がよいですね。
21歳で入職し、高齢者介護の仕事を経て相談員を任されました。その後、ケアマネジャーの資格を27歳で取り、居宅の方の相談もお受けするようになりました。結婚・3人の出産と子育て・夫の親と同居する経験が、今、支援相談員の仕事へのやりがいと達成感につながっています。
福祉業界はたいへんといわれますが、どの仕事もたいへんだと思います。職場復帰には、会社の制度をフル活用しましたが、家族の協力・会社の配慮に感謝しています。仕事と両立できて、良かったと思っています。

ワークライフバランスはサーフィンで

サーフィンがやりたくて鴨川に移住・太陽会に入職し、勤続20年を超えました。職場の仲間は、すごくいい関係で皆笑顔。介護の仕事は、心と心が通じ合ったときに楽しいし、一人ではできない、チームワークの仕事ですね。また、人に接するサービス業のなかでも、体を触らせていただくので、神経も遣い、体力も使う仕事です。

うれしかったことは、障害者施設のご利用者たちとランニングを続け、県大会を経て、2002年の全国障害者スポーツ大会(高知)に県代表で出場し、私も県のコーチとして同行したことです。
介護職はシフト制勤務なのでサーフィンとの両立もできると思います。鴨川へ来て始めた人もいるようで、仕事のリフレッシュもしっかりできると思います。

太陽会 求人

上野正人(うえのまさと)さん
介護福祉士 めぐみの里

神奈川県出身。サーフィンがやりたくて、若いときに鴨川に移住・結婚し、今は息子と二人サーフィンの全国大会に出場しています。1998年に入職し、勤続20年を超えました。

写真館

太陽会 求人

キャリアカレッジ29年度 4期生の皆さんと

太陽会 求人

笑顔がいっしょ!

太陽会 求人

思い出の写真をipadで

太陽会 求人

会話が弾みます

太陽会 求人

明るくあいさつ

太陽会 求人

就職活動中の皆さん、ようこそ!

太陽会 求人

息子と二人でサーフィンしてます。

太陽会 求人

Kameda Cup 2015に出場

太陽会 求人

福祉の仕事はチームワーク

太陽会 求人

認定こども園 OURS

2017年10月1日 現在

  1. HOME
  2. 採用情報
  3. 先輩の声