ページの先頭です

先輩の声 【眞板さん】

たいへんさの中にある、
感動する出来事を知ってほしい

 学生時代、実習でめぐみの里にきて、お世話になった職員の方が、ご利用者に対する対応がていねいで、その背中を追って仕事をしたい、と思ったのが、太陽会を志望したきっかけです。ほかの特別養護老人ホームやグループホーム、障害者支援施設にも実習に行きましたが、是非ここで働きたい、と思いました。
 幼い頃から曾祖母、祖父母と接してきて、小学生の頃から介護福祉士になりたいと思ってきました。ひいおばあちゃんは、本当に優しい人でした。働く現場では、時に時間に追われることもありますが、めぐみの里の施設方針にある、「人間味あるやさしさ」という言葉が好きで、高齢の方への言葉がけや手の触れる感覚を大事にしています。

 この4月で丸6年が過ぎ、7年目を迎えます。
 最初は、短大で学んでいるとき感じたことと、現実との温度差を感じることもありました。一日が過ぎてから、あのときの言動と対応は適切だったのかと葛藤することもあります。理想に沿ってやってみたけれど、うまくいかないことも。そんなときは、先輩にもらったアドバイスを自分なりに消化していくことを心がけています。
 いま、パッと浮かんだ忘れられないシーンがあります。
 夜勤のとき、ご利用者がコールで呼んでくれたのですが、不明瞭な言葉を何度も一生懸命聞き取ろうとしていて、何度も伝えてくださるなかで、最終的に聞き取れた言葉が、「あんたはやさしいよ」でした。
 聞き取れずにいた申し訳ない気持ちが、その一言で報われた、この姿勢は間違ってなかった、と思いました。
 その一言で、今も頑張れています。

人間味ある優しさで

就職活動中の皆さんへメッセージ

 高校までバレーボールをやっていて、その仲間たちと定期的に会っています。福祉施設に勤めている友人もいて、この仕事のたいへんさをわかっているから、逆に心配されない。
 それは、ずっとバレーボールをやってきた仲間たちが、「美咲なら大丈夫でしょう」と、見てくれているからです。私のことをわかっている仲間たちがいるのは、大きい支えになっています。

 この仕事をやっていて、介護職を目指している人が少なくて、もどかしい思いです。
 イメージでは、おむつ交換とか、たいへんな仕事だと思うかもしれませんが、やってみてのたいへんさと、やらないうちのたいへんさでは、違いがあると思います。たいへんさの中にも達成感があるよ、たいへんさを覆される、感動する出来事があると知ってほしい、と思います。

 曾祖母は、本当にあったかい人柄の人で、私が誰かに怒られても慰めてくれる、全部を包み込んでくれる人でした。お年寄りの偉大さを知っているから、この仕事に就きたいと思ったんです。お世話になったのに、何もできなかったという思いがあります。
 これから出会う人たちに、おばあちゃんにできなかったことをしてあげたい、と思っています。

眞板さん
介護福祉士 めぐみの里
短期大学福祉学科新卒で介護福祉士として2014年入職し、7年目を迎えました。
高校までバレーボールで過ごした仲間たちが、今もよき理解者です。

2020年5月1日 現在

先輩の声

  • 太陽会 求人
勤続3年目~

心に残るひとこと
「初めて知った、ありがとう。」

髙梨さん

詳細を見る

人としての大切なことを学べる仕事

川崎さん

詳細を見る

入ってから資格取得できるので心配不要!

齋藤さん

詳細を見る

やってよかったと思う瞬間がある
楽しい仕事。

加々美さん

詳細を見る

たいへんさの中にある、
感動する出来事を知ってほしい

眞板さん

詳細を見る
勤続20年目~

ご利用者の生きがい
創る仕事の楽しさ伝えたい

鈴木さん

詳細を見る

子育てしながら仕事と両立

村山さん

詳細を見る

ワークライフバランスはサーフィンで

上野さん

詳細を見る

先輩インタビュー 
転職者が見つけた「介護」の魅力とは?

「介護」って意外とクリエイティブ
~異業種・無資格から資格取得~

詳細を見る

先輩インタビュー 
看護師が見つけた「介護」の魅力とは?

認知症看護への関心がきっかけ
~選んだのは笑顔の職場~

詳細を見る

心のふれあいが持てる看護
~子育てにもいい環境です~ 

詳細を見る

お問い合わせ

〒296-0041 千葉県鴨川市東町601番地1 Sun OURS 3階
(社)太陽会 人事部 採用係

TEL:04-7098-3710

FAX:04-7099-2020