ページの先頭です

理事長挨拶

2022年 理事長挨拶

 明けましておめでとうございます。

 約2年にわたり、新型コロナウイルス感染症の嵐が世界中に吹き荒れ、いまだ終息の見通しは立っていません。太陽会では、医療、介護、福祉、教育といった社会基盤としてのサービスを行っておりますが、今のところクラスターなどの発生もなく、事業を継続できています。更に、地域外来・検査センターや、ワクチン接種、重症コロナ患者さまの治療などの医療対応をはじめ、感染拡大時にも保育事業や在宅介護事業を継続することにより、地域のさまざまな活動を下支えして参りました。まさに地域の社会インフラとして大きな役割を果たしてきたと思います。

 今年は、ポストコロナ時代を見据え、さまざまなプロジェクトを立ち上げてゆきたいと思います。太陽会の事業としては、安房地域医療センターの増築計画、安房医療福祉専門学校の日本語学科、介護福祉学科設置準備、パークウェルステイト幕張の準備など、さまざまなプロジェクトを抱えていますが、更に地域の自治体などと共に、新型児童館やOURS館山など子育て支援強化の模索、地域医療連携推進法人「房総メディカルアライアンス」や今年に新設される社会福祉連携推進法人を設立し、これらを活用した効率的で質の高い地域包括ケアシステムの構築など「新しい公共」という概念での取り組みも行ってまいりたいと考えています。

 今回のパンデミックは、人間社会に大きな影響を与えました。特に2年前には、多くの大国が自国主義的な方向に傾いていたような気がします。しかし、感染症との戦いは、一国の努力ではどうにもなりません。富裕国がワクチンや治療薬で一時的に感染を押さえたとしても、貧困国で変異ウイルスが発生し拡大すれば、パンデミックは終息しません。経済的にもサプライチェーンのどこか一カ所でもロックダウンに陥り、生産が止まってしまえば、製品は作れなくなります。この様に、現代社会は既に自国主義など通用しないことは明らかです。ポストコロナのDX時代、私共はどのような理念を持つべきでしょうか?

 社会も組織も個人も基本的には変わらないと思います。それはお互いを尊重し合い、役割を明確化し、協力し合うことだと思います。今後のプロジェクトにおいて太陽会では「競争から協調へ」「所有から共有へ」「イコールパートナーシップ」という考え方を大切にして、進めてゆきたいと思います。

 今年が社会にとっても、太陽会にとっても、皆さまにとっても、素晴らしい再出発の年になることを祈念申し上げ、新年のご挨拶とさせていただきます。

2022年 元旦

バックナンバー

2021年 理事長挨拶

詳細を見る

2020年 理事長挨拶

詳細を見る

2019年 理事長挨拶

詳細を見る

2018年 理事長挨拶

詳細を見る

2017年 理事長挨拶

詳細を見る

2016年 理事長挨拶

詳細を見る