ページの先頭です

めぐみの里にお迎えした介護の技能実習生をご紹介します!

ホー. リーチョンさん

中国雲南省麗江市(リージャン)出身。
中国での看護師資格保有

趣味は?
料理が趣味で、中国料理なら何でも作ります。雲南省料理は四川省の料理と似ています。
子どもの頃から毎日料理をしました。5才から自分はご飯を炊く担当で、三才年上の姉はおかずを作っていました。お姉さんがいないときは自分ですべて料理しました。ふるさとでは子どもは自分のことは自分でやるよう育てられました。

看護師になったキッカケは?
病気で入院した経験から、看護師になりたいと思いました。

外国人技能実習生

食事介助の様子

外国人技能実習生

午後からは日本語の学習

勉強はたいへんでしたか?
専門学校に通いながら、2013年-2018年ダブルスクールで大学の勉強を続けました。2019年7月に大学を卒業します。

なぜ日本で介護の勉強を?
日本には、8年前に、いとこのお姉さんが研修生として東京で働いたことがあり、日本で働くことに興味を持ちました。

これからの夢は?
中国で看護師の資格も持っているので、日本で介護福祉士の資格を取りたいと思います。

~取材を終えて~

何て呼ばれたいですか?と聞くと、少し考え、はつらつとした笑顔で「リーちゃん」と答えてくださいました。
リーちゃんは、介護福祉士の技能実習生に応募し、来日前に中国のウェンハイで日本語を勉強して日本語能力検定N3を取得し、来日して1ヶ月間は、鴨川市の管理団体で4人の実習生の方たちと共同生活をしながら勉強し、1月24日、めぐみの里に着任しました。午前中は介護の実習、午後は日本語教師について勉強を続けています。

施設長から

太陽会で初めての技能実習生受け入れとなります。受け入れ準備中は、我々も不安でしたが、就業して1週間、ホーさんはとっても素直で一生懸命なかたです。休日も自分で日本語の勉強をしています。今は、初めての技能実習生がホーさんで良かったなあと思っています。

2019年2月1日 企画広報室

  1. HOME
  2. めぐみの里にお迎えした介護の技能実習生をご紹介します!