ページの先頭です

医療・介護関係者の方へ

医療・介護に携わる方との信頼関係を大切にします

介護福祉士・介護士など介護・福祉に従事する方などに当施設の取り組みをご紹介します。

取り組み

笑顔のために~さまざまな行事プラン作りも!

◆ 「台風を吹き飛ばそう! そのなかで行われました敬老会」めぐみの里 (広報誌OHANA vol.49)新しいウィンドウで表示します
◆ 「見て、触れて、嗅いで、味わって、春を全身で感じよう!」めぐみの里 (広報誌OHANA vol.48)新しいウィンドウで表示します
◆ 夏祭り2019 【めぐみの里、しあわせの里、らんまん】新しいウィンドウで表示します
社会福祉法人太陽会では、2019年8月3日(土)、大幡地区の3施設(特別養護老人ホームめぐみの里、障害者支援施設しあわせの里、障害福祉サービス事業所らんまん)を会場に、ご利用者とご家族の「ふれあい」を目的として、夏祭りを開催しました。

最新の情報は、広報誌最新号をご覧ください >>>

“腰痛予防の取組”をスタンダードに

第26回「福祉QC」全国大会(2015年度)にて最優秀賞 受賞!

福祉QC全国大会とは、業務改善事例の発表大会です。全国から集まった33施設の中から、めぐみの里チームが最も評価の高い「最優秀賞」を受賞しました。
当施設の介護職員の多くが腰痛を抱えていることを知り、腰痛予防対策を行い、安心・安全な介護を提供したいという思いで2年間活動を行いました。
福祉用具の導入や2人介助の推進により、持ち上げない介助が少しずつ定着しつつあります。
今後は、正しい介助方法のチェック・指導など、より良いケアの方法を再考し、法人や近隣地域へも水平展開することで腰痛予防を標準化していきたいと思います。

「QCサークル」誌上「ワンポイント事例」に掲載(第26回「福祉QC」全国大会からの推薦)(2016年)
2017年度「QCサークル石川馨賞奨励賞」受賞

福祉機器の導入~からだに負担をかけない介護
厚生労働省 令和2年度「見える」安全活動コンクール 優良事例に選ばれました(2020年度)

地域への福祉教育

ベテラン職員が、学校や地域の福祉教育に、太陽会での豊富な経験や知識を生かしています。

福祉体験学習の出前授業(小中一貫校長狭学園)

◆ 長狭学園6年生に福祉体験学習の出前授業 【特別養護老人ホームめぐみの里】 2019/11/06新しいウィンドウで表示します

地域の社会福祉協議会にお声かけをいただきました。次世代を担う子どもたちの福祉教育に貢献しています。

亀田医療技術専門学校 介護福祉学科 講師
太陽会キャリアカレッジ(介護福祉士実務者研修【通信制】 教員

太陽会キャリアカレッジ  介護福祉士実務者研修 【通信制】

ご自宅でも学習可能なインターネットに接続した状態でご利用いただくeラーニング講座です。
介護の質的向上のために、介護福祉士国家試験受験者には介護福祉士実務者研修を修了することが義務づけられています。
太陽会の職員に限らず、どなたでも受講できます。既存の資格で、履修科目の免除等があります。